Microsoft Teams、Yammer、Skype for Businessの違いを解説

こんにちは、マイクロソフトマンです。

Teamsが登場したことで、既存のOffice365アプリのYammerや、Skype for Businessとの違いが分からなくなった方がいると思います。

なぜなら、Yammer、Skype for Business、Teamsは機能がよく似ているためです。

そこで、本記事では、Yammer、Skype for Business、Teamsの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

YammerとTeamsの違い

Yammer

まずは、Yammerから見ていきましょう。Yammerはもともと社内専用のSNSとして使われることを目的として開発されたアプリになります。

Facebookなどと同様に、他のユーザをフォローしたり、公開されているグループに参加できます。フォローすることで、人との繋がりを広げたり、投稿内容の拡散ができます。

他のグループの投稿内容をグループの垣根を越えて、拡散できます。また、Yammerは時間的なリアルタイム性が低いです。

これはSNSの特徴そのままですが、人の投稿内容を見るのは暇な時間ができたときではないでしょうか。投稿者もすぐに見てもらえることを、期待していないことが多いです。

Teams

一方のTeamsは、あらかじめ決まった特定のメンバーで共同作業を行うときに非常に便利です。Yammerのように人との繋がりを広げる機能はありません。

時間的にも、リアルタイム性があり、投稿した内容は基本的にすぐに見てもらえることを念頭に投稿されます。この特徴から、仕事で使うには、Teamsが適しているということになります。

またTeamsは最初にも述べたように、Office365のアプリケーションのハブであり、業務に使える様々なアプリを使うことができるという強力なメリットがあります。YammerはSNSの機能しかありません。

ファイル共有機能の違い

YammerとTeamsでは、ファイルをメンバーと共有する機能があり、共有したファイルはYammer、Teams上で各々のメンバーが直接編集できます。

ファイル共有機能はうまく使えば非常に有効に使うことができます。

例えば、別会社の人をYammeのグループや、Teamsのチームメンバーに加えて、ファイルの共同編集作業ができます。ただし、別会社の人をYammeのグループや、チームメンバーにするには、Office365の管理者が外部招待機能を有効にする必要があります。

また、Yammerは、Word、Excel、PowerPointのみしかファイルを共有することができません。しかし、Teamsは、Word、Excel、PowerPointに加えて、OneNote、テキストファイルの共有もできます。

細かい違いではありますが、こういった特徴からも、仕事で使うにはTeamsが適していることがわかります。

スポンサーリンク

Skype for BusinessとTeamsの違い

Microsoftは、TeamsにSkype for Businessの機能を取り込んでいくということを発表しており、すでに大半の機能は取り込まれており、Skype for BusinessとTeamsの機能面での違いはなくなりつつあります。

例えば、Skype for Businessのメイン機能である、プレゼンス機能(在席確認)、チャット、電話、Web会議は、すでにTeamsでもできます。

Outlookとの連携もできるようになっています。下記画像のように、OutlookでWeb会議の予約ができますが、Skype会議の横に、Teams会議のボタンも用意されています。(Teamsアプリをインストールしている場合のみ表示されます)

参考までに、Skype for Businessにできて、Teamsでまだできないことに、画面共有があります。

Skype for Businessのチャットのテキスト入力ボックスの下にあるモニターのアイコンからチャット相手との画面共有ができます。相手のデスクトップ画面を見たり、操作することが出来るという機能です。

これがTeamsのチャットでもできれば、さらにTeamsが便利になると思いますが、実装されるかどうかはまだ分かっていません。

以上ざっくりとした説明にはなりましたが、Teams、Yammer、Skype for Businessの違いについての説明になります。

スポンサーリンク
関連記事と広告