BootCampでスクリーンショット!Windows10の機能を使えば超簡単!

こんにちは、マイクロソフトマンです。

BootCampでWindows10を使っていると、スクリーンショット(画面キャプチャ)をとりたいときに、毎回どのキーかわからなくなります。

そのたびに、毎回ググるのですが、「Shift」+「fn」+「F11」といった情報しかでてきません。

確かにShift + fn + F11でもスクリーンショットはとれますが、画面全体のスクリーンショットしかとれないという問題があります。

画面全体のスクリーンショットが必要なこともありますが、画面の一部分に表示されているウィンドウのスクリーンショットがほしいことのほうが多くないでしょうか?

Windowsに標準で入っているSnipping Toolを使ってもいいのですが、自分で範囲を指定しないといけないので、面倒です。

 

そこで、今回の記事では、画面全体のスクリーンショットはもちろん、ウィンドウのスクリーンショットも簡単に撮れる方法を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Bootcampでスクリーンショットをとるには「Command」+「Shift」+「S」

Bootcampでスクリーンショット(画面キャプチャ)をとるには、「Command」+「Shift」+「S」の3つのキーを押します。すると、画面上部に下記のコントロールバーが表示されます。

コントロールバーは、左から順に以下のように並んでいます。

  • 四角形の領域切り取り
  • フリーフォーム領域切り取り
  • ウィンドウの領域切り取り
  • 全画面表示の領域切り取り

 

ウィンドウの領域切り取りは、画面内に表示されている任意のウィンドウを選択することで、選択したウィンドウのスクリーンショット(画面キャプチャ)が自動でとれます。

 

四角形の領域切り取りは、画面内のキャプチャしたい部分をドラッグすることで、四角の形で切り取ることができます。

スポンサーリンク

Windowsでスクリーンショットをとるには「Window」+「Shift」+「S」

元々Windows10で実装された機能のため、もちろんWindowsで使えます。

Windows10の場合は、「Window」+「Shift」+「S」の3つのキーを押します。

 

先ほど説明したコントロールバーと全く同じものがWindows10で使えますので、試してみてください。

ちなみに、Windowsであれば、PrintScreenのショートカットキーも使えますし、標準で入っているSnipping Toolを使っている方も多いと思いますが、今回を機に「Window」+「Shift」+「S」に切り替えてもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク

スクリーンショットの画像を保存する

スクリーンショットがとれたら、ペイントなどに貼り付けて保存します。

 

とったスクリーンショットは、メールや、Teams、Slackなどのチャットアプリ、Excel、Word、PowerPointであれば、キャプチャした画像を直接貼り付けることができます。

 

WordPressやSharePointなどブラウザで動作するWebでは直接貼り付けることはできないので、画像ファイルに保存してアップロードする必要があります。

 

画像ファイルに保存する際に、スクリーンショットを貼り付けるアプリはペイントでもよいのですが、PhotoFiltre 7という画像編集アプリ(無料)が便利です。(上の画像のアプリがPhotoFiltre 7です)

画像の一部をくりぬくことなどもできます。ただ、ペイントに慣れている方はペイントの方がよいかもしれません。

 

それでは、最後にまとめます。

Bootcampでスクリーンショット(画面キャプチャ)をとるには、「Command」+「Shift」+「S」の3つのキーを使ってみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
MAC



Windows777技術屋さん
タイトルとURLをコピーしました